株と為替と日常生活

貯金0円。 平均的サラリーマンが余剰金を全て投資に使って 小金持ちになれるかを綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国株講座 その1

中国株講座 その1

中国市場は香港市場と上海/深セン市場があります。

香港市場の中にはH株、レッドチップ、メインボード、GEM 
とそれぞれ銘柄ごとに分類されています。

H株のHはHong KongのHから来ています。
H株には中国本土に登記がある中国の企業が上場しています。
純中国企業の集まりという感じです。

レッドチップには国有企業や政府系企業が上場していて、
レッドは共産党の赤から来てます。
登記が中国本土以外の中国系企業が上場してます。

メインボードは主要市場のことです。国有大型企業が中心です。
東証1部2部といったところでしょうか。

GEMはGrowth Enterprise Marketの略で新興成長企業です。
マザーズみたいな感じです。 

香港市場の取引は香港ドルになります。

上海/深セン市場はA株とB株があります。
A株は中国国内投資家向けです。B株は外国人投資家向けです。
取引はA株は人民元、B株は香港ドルです。

市場          銘柄分類            取引通貨 

香港市場 H株 レッドチップ メインボード GEM   香港ドル

上海/深セン市場    A株/B株           香港ドル/人民元

                     

私は香港市場に投資をしてます。
割合はメインボードが多いです。

【“中国株講座 その1”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:中国株 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2006/12/09(土) 23:59:25|
  2. 中国株講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。